メニュー
地図 診療時間
インフォメーション
院長から皆様へ
診療システム
治療について
診療室のご案内
治療費について
患者様からの声Q&A
コラム
リンク集
個人情報の取扱いについて
歯科ドック
一般 小児歯科
予防歯科
審美歯科
矯正歯科
義歯
ホワイトニング

アンチエイジング外来
・FOODアレルギー検査
・毛髪ミネラル検査
・爪有害金属検査
・サプリメント療法


最新型予防療法


症例集
ホームへ戻る
ホワイトニング
オフィス・ホワイトニングの治療の流れを実際の患者様の体験記をもとにご説明します。
1)カウンセリング

今回オフィス・ホワイトニング治療を受けたのは20代の女性Tさんです。

Tさん
「自分の写真を撮った時に歯が黄色い気がしていて、笑う時とかに白い歯がとても大切だと思っていました。それで以前からホワイトニングには興味がありましたが、いろいろと説明してくださって不安が消えたので試してみることにしました。」

衛生士より
どのように施術するのか、なぜ白くなるのか、どのくらい白くなるのか等をご説明します。

2)現在の色の確認

はじめに今現在の歯の色をシェードガイドという歯の色見本で確認します。

通常の日本人の歯の色は欧米人にくらべ黄色が強くでています。
この色素を薬剤で分解して白くします。実際に鏡で見ていただき確認していただきます。



3)お口のクリーニング

ホワイトニングの前にお口の中をクリーニングします。


4)ホワイトニング1回目

ホワイトニング剤を歯に塗り、薬剤を反応させて白く漂白していきます。



ホワイトニング材から唇を保護するカバーをします。
歯ぐきにもジェルを塗って歯ぐきを保護します。



当院では数種類のホワイトニング剤を用意しておりますが、 患者様の歯の状態に合わせて適切なものを使用します。
歯にホワイトニング剤を塗った後、光を照射します。この光はホワイトニング材の反応を早くします。

5)レーザー照射

レーザー照射をすることで更にホワイトニング材を活性化させより効率を高めます。


ホワイトニング材が反応していくと発砲した後、白く固まります。
ホワイトニング材を除去しまして、1回目のホワイトニングが終了します。 この後、2回目のホワイトニングを行います。
  
6)色調の確認

ホワイトニング終了後、色あわせを行います。
今回はこの時点で2段階ほど白くなったのが確認していただけました。



7)フッ素塗布

ホワイトニング後、フッ素をマウストレーに塗布し、お口に含んでいただきます。



8)ホワイトニング終了後

ホワイトニング終了後の歯の色がどのくらい白くなったかご確認いただきます。
Tさんはとても満足してくださいました。

また、ホワイトニング後の注意点もあわせてご説明いたします。

衛生士より
ホワイトニング後、Tさんの笑顔が一段明るくなりました。
今後は毎日の歯磨きに気を付けて、今の白い状態を維持してください。
ホワイトニング後は出来るだけコーヒーやワインなどは避けてください。
(ホワイトニングの注意事項)リンク
そして2〜3ヶ月に1度は定期検診に来られることをお勧めします。

Tさんコメント
「はじめは少し不安でしたが、約1時間半の治療中は痛みも全く無く、チェアに横になっているだけですので、気持ちよくなって途中寝てしまいました。歯の色は思っていた以上に白くなって大満足です。歯を見せる事に抵抗が無くなり、笑うのが楽しくなりました。
この白さがいつまで維持できるかは個人差があるそうですが、2〜3回目の定期検診の時にまたお願いしたいな、と思っています」

注)ホワイトニングの効果には個人差があります。そのため、治療時間や回数などが多少異なることもあります。

l 地図/診療時間 l インフォメーション l 院長から皆様へ l 診療システム l 治療について l 診療室のご案内 l 治療費について l
l 患者様からの声/Q&A l コラム l リンク集 l 個人情報の取扱についてl
l 一般・小児歯科 l 予防歯科 l 審美歯科 l 矯正歯科 l 義歯 l ホワイトニング l アンチエイジング外来 l 最新型予防療法 l

Copyright(C)Maejima Dental Clinic Iidabashi Dental Care Office. All rights reserved