メニュー
地図 診療時間
インフォメーション
院長から皆様へ
診療システム
治療について
診療室のご案内
治療費について
患者様からの声Q&A
コラム
リンク集
個人情報の取扱いについて
歯科ドック
一般 小児歯科
予防歯科
審美歯科
矯正歯科
義歯
ホワイトニング

アンチエイジング外来
・FOODアレルギー検査
・毛髪ミネラル検査
・爪有害金属検査
・サプリメント療法


最新型予防療法


症例集
ホームへ戻る
審美歯科
審美治療とは機能だけではなく「より自然に見える美しさ」を追求したものです。
現在ではその素材の開発が進み、前歯だけではなく、全ての歯にそれぞれ適した素材や種類が豊富になり患者さまにお選びいただくことができます。
オールセラミック 左の症例写真は、オールセラミックという治療法で治療しましたが、どの歯が治療した歯なのかわかりますか?当院では、自信を持って自然な白い歯に治療することができます。

審美歯科治療法
メニュー オールセラミック ハイブリッドセラミック
電鋳メタルボンド ハイパーメタルボンド
グレード
ハイグレードタイプ
スタンダードタイプ エコノミータイプ ハイグレードタイプ
主材質 ファインセラミック
セラミック
超微粒子セラミック+樹脂 高カラット金合金(14K〜20K)
純金
高カラット金合金
(専用合金)
特徴 金属を使わないで全てをセラミックで作られる歯です。非常に美しい色合いと形を再現しており最高級の歯です。 純金の膜の上にセラミックを焼き付けて作られる歯です。特に優れた適合性を持ち、歯ぐきの黒ずみが出る心配がありません。 金を多く含む合金の上にセラミックを焼き付けたもので、前歯の治療に最も一般的です。擦り減らず変色もありません。 セラミックの硬さと樹脂の軟らかさを併せ持った歯に優しい素材でできています。プラスチック製の歯のような変色がありません。 口の中で最も化学変化が起こりにくく、腐食しません。適合性や耐久性、かみ合わせの調和に優れ、また金属アレルギーも起こりにくいため、身体に優しい金属です。
前歯に使用する場合
奥歯に使用する場合
見た目の自然さ
☆☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆
変色しにくさ
☆☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
丈夫さ
☆☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
身体への優しさ
☆☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆☆
インレー*の適応
不可

*使用する金属を生体親和性に特に優れた(アレルギーが出にくい)チタンを使用する事も可能です。金属アレルギーの心配がある方はご相談下さい。
*インレーとは歯に部分的に詰めるものをいいます。虫歯の大きさなどによりインレーの形、大きさは様々です。


審美歯科治療例
 オールセラミック
オールセラミック 治療前
オールセラミック 治療後
 メタルボンド
メタルボンド治療前
メタルボンド治療後
メタルボンド治療前
メタルボンド治療後
 ハイブリッドセラミック(ホワイトクラウン)
ハイブリッドセラミック治療前
ハイブリッドセラミック治療後
 ゴールド
   

支えになる歯をほとんど削ることなく装着できるブリッジ

ヒューマンブリッジ

コラムでも取り上げています。詳しくはこちら


症例 40代女性
上顎左側第1大臼歯欠損部に部分入れ歯を装着していましたが、 ヒューマンブリッジに変更したケースです。
治療はカウンセリングを含め3回のみです。

「虫歯で歯を抜くことになったが、この後どうしよう・・・」
と、歯を抜いた後の治療について、ご心配される方はとても多くいらっしゃいます。
様々な原因で歯を失ってしまった場合、治療として考えられるのは「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3種類です。
「入れ歯」は取り外さなければならないということや、バネが見えてしまう、話しづらい、などの欠点があります。もちろん、最近ではバネの無い、目立たない「入れ歯」などもありますが、清掃のため食後は必ず外して磨いて頂く必要があります。
「ブリッジ」は文字通り、つなげて橋渡しをする治療ですが、支えになる歯を大きく削る必要があります。
「インプラント」は外科的な処置が必要ですし、様々な問題がメディアでも数多く取り上げられています。

以前コラムでも紹介させていただきましたが、当院では数年前より韓国から開発チームを呼び、セミナーを開くなどして準備をしてまいりました「ヒューマンブリッジ」という新しい治療を取り入れることになりました。
この「ヒューマンブリッジ」は支えになる歯をほとんど削ることなくブリッジを装着でき、見た目も自然にすることが可能です。
目立たず、削らず、取り外す必要もありません。
当院では日本国内で最大の技工所であり信頼のおける「和田精密歯研」を通じて、都内では最初に治療を行っております。
もちろん普段はプラークが溜まらないようにしっかりと歯ブラシをしていただく必要がありますし、定期的な検診も必ず必要です。

今まで、歯を大きく削ることや、入れ歯を入れる事、インプラントに抵抗があった方々にとって、素晴らしい治療だと考えております。
ご興味のある方は、是非お問い合わせください。
(歯の本数や状態により適応にならないケースもあります。また、保険適応ではありません。)

当院の症例

43歳 女性 上顎左側4、5番欠損

神経のある歯をほとんど削らずにヒューマンブリッジを装着しました

その他の基本的な症例


l 地図/診療時間 l インフォメーション l 院長から皆様へ l 診療システム l 治療について l 診療室のご案内 l 治療費について l
l 患者様からの声/Q&A l コラム l リンク集 l 個人情報の取扱についてl
l 一般・小児歯科 l 予防歯科 l 審美歯科 l 矯正歯科 l 義歯 l ホワイトニング l アンチエイジング外来 l 最新型予防療法 l

Copyright(C)Maejima Dental Clinic Iidabashi Dental Care Office. All rights reserved