メニュー
地図 診療時間
インフォメーション
院長から皆様へ
診療システム
治療について
診療室のご案内
治療費について
患者様からの声Q&A
コラム
リンク集
個人情報の取扱いについて
歯科ドック
一般 小児歯科
予防歯科
審美歯科
矯正歯科
義歯
ホワイトニング

アンチエイジング外来
・FOODアレルギー検査
・毛髪ミネラル検査
・爪有害金属検査
・サプリメント療法


最新型予防療法


症例集
ホームへ戻る
コラム

20152014201320122011201020092008200720062005

2017年2月28日

「ヒューマンブリッジセミナー」

神経を取らない!健康な歯をたくさん削らない!
ご自治身の歯を守ることが出来るヒューマンブリッジについて
2月26日にアンチエイジング歯科学会において院長が講演いたしました。
インプラント時代の中でも、
「他に内科的な病気があってインプラントが出来ない」「インプラントが嫌だ」
でも「入れ歯は絶対に嫌だ」と考えている患者さまにとっては最良の治療方法です。
当院で治療された患者様の満足度は非常に高く、私達も嬉しく思います。
興味がある方はお気軽にお声かけくださいませ。

2016年10月18日

「ヒューマンブリッジTOPICS」

失った歯の部分に、隣の歯をほとんど削らずに装着できる「ヒューマンブリッジ」が国内に導入されて4年が経過しました。当院での症例実績も国内では最多となっていますが、この素晴らしい治療法をより多くの歯科医師に知っていただくために、院長はセミナーや学会誌への投稿など様々な働きかけをしています。
今年の前半に院長が行った主なセミナーは以下の通りです。
4月17日 新宿にて
4月19日 東京歯科大学 補綴科・インプラント科合同ミーティングに講師として参加
5月29日 和田精密東京営業所にて

また、今年11月に発行される「日本アンチエイジング歯科学会」の学会誌「華齢」にヒューマンブリッジの症例を掲載する予定です。

ヒューマンブリッジTOPICS ヒューマンブリッジTOPICS

2016年10月17日

「学会報告」

8月27〜28日に札幌にて「日本歯科審美学会 第27回学術大会」が開催されました。
院長は「BTAテクニックで審美治療を行った二つの症例」という演題で発表してきました。
「BTAテクニック」とは前歯の歯肉のラインをきれいに整え、さらに歯肉の位置が変化しない、という画期的な補綴処置です。当院では昨年からこの治療法を導入しております。
また院長は「BTA研究会」の理事も務めており、この治療法を多くの先生方に知っていただくよう活動しています。
学会報告 学会報告

2016年8月17日

「ホワイトニングコーディネーター」

先日、当院の梁瀬衛生士と小池衛生士がホワイトニングコーディネーターの試験に合格しディプロマを所得いたしました。
お二人の念願が叶い嬉しい限りです。
より専門性の高い安全で高度なホワイトニングを 患者様へご提供できるようになりました。 ホワイトニングコーディネーター

2016年8月3日

「幸せのご報告」

幸せのご報告

当院はただ今、ハッピーオーラで溢れております。

長年チーフ衛生士を務めた三浦さんが、先月母になりました。
出産まで大きなお腹で頑張っておりました。
三浦衛生士は患者さんのファンも多く、本当に素晴らしい衛生士さんでした。
産休中の今は新米ママとして奮闘しています。

また、受付を担当していた金さんが、結婚・遠方への転居のため、 先月7月末にて退職いたしました。 管理栄養士さんですから、健康管理はお手の物!
「患者様から旦那様へ」金さんの栄養管理のお仕事は変わりました。

また、もうお一人、受付チーフの齋藤も現在妊娠中です。
大きなお腹で鮮やかに仕事をこなし頑張る姿をスタッフみんなで見守っております。

幸せのご報告 というオメデタの連鎖により、院内はハッピーオーラでいっぱいです。
長年一緒に頑張ってくれていたスタッフが現場を離れる事には、やはり寂しさを拭えませんが女性は人生の中でステージがいくつかありますので、心から祝福し応援しております。
彼女たちの幸せにあふれた顔を見ていると、私たちも本当に幸せな気分になります。
院長と私の願いである「一緒に働くスタッフの幸せ」が実現しているのですから 結婚して、母になるという素晴らしいステージで新たに輝く姿を今後も見守っていきた いと思っております。
これから子育てが一段落したら戻って来るのを心待ちにしておりますし、結婚・出産し ても働ける職場作りを 整備しております。

また、ベテランスタッフに迫る勢いで、これまで以上に、スタッフ一丸となって頑張っ ております。
新たな予防システムもチーフ衛生士が主軸となりスタッフみんなで考案中です。
新しいメンバーを迎え、さらにバージョンアップして患者様をお迎えできるように準備 をしておりますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2016年4月6日

「4月 新人を迎えて」

今年は4月初日に桜も満開を迎え、新人の入社に華を添えました。
長年チーフ衛生士として頑張ってくれた三浦衛生士が、母になるという喜ばしいニュー スが飛び込んでまいりました。
昨年末から体調不良により休職しており、2月末から少しづつ仕事復帰しておりますが 、現在はメンテナンス業務からは離れております。
そこで今春、当院に2名の歯科衛生士が新たなメンバーとして加わりました。
「健康を通してスマイルを提供し、地域の未来に貢献します」という理念のもとに志の 高い衛生士を目指して、スタートを切りました。
また同じく4月から衛生士学校の実習生2名も当院での研修が始まりました。
実習期間は4ヵ月です。新しいメンバーと共に、「心を添えて患者様に寄り添う」そし て「安心・安全・良質な医療」が提供できるように力をあわせて頑張って参ります。
しばらくの間はどうぞ温かい目で見守って頂ければ幸いです。

2016年3月10日

「命の花プロジェクト」

先日院長と2人で、あるチャリティパーティへ参加して参りました。
そこで青森県の三本木農業高等学校の生徒が素晴らしい発表を行いました。
「命の花プロジェクト」と名付けられたその活動は人間の勝手な理由から殺処分される 夥しい数の犬や猫の現状を目の当たりした生徒たちが動物たちの「もっと長く生きたか った」という想いを受け止め、骨を土に混ぜ、花を育て花に命を与える事でその想いを遂げてほしい とういう優しい願いです。
骨を土に混ぜる意味は、殺処分された動物の骨は燃えるゴミとして扱われていて、 土に帰る事させ許されない現実でした。「高校生として命と真正面から向き合いたい」 という強い想いから「殺処分ゼロ社会の実現」を目指して、平成24年から地道な活動を続け 、確実に殺処分の数を減らしているようです。
私達もも犬を飼ってる為、特にこの活動の想いには共感すると共に、応援していきたい 、当院のコラムを読んで下さる方々にもこの活動を知って欲しいと今回のコラムに選びま した。
我々も診療室でもできるボランティアにも参加しておりますが、 ボランティアをすることの意味を改めて高校生より学んだ1日でした。

2016年2月23日

「待合室のイスの張替」

待合室のイスの張替

待合室のイス色は一般的に茶色・紺・白・黄緑などが多いと思いますが 当院の待合室のイスはオレンジ色で布製です。
オレンジ色は当院のイメージカラー・布製にしたのは温かみがある為です。
布は当然汚れやすいので、2〜3年に1度張替えをしております。
この度3度目の張り変えをいたしました。
鮮やかなオレンジ色は私達にとっても、元気とパワーをもらいます。
待合室は患者さまをお迎えする大切な場所と考え、待ち時間を心地よくお過ごしいただ けるように心がけております。何かお気づきの点がございましたら、お知らせくださいませ。

2016年1月13日

「新年に向けて」

明けましておめでとうございます。
本日は昨年夏に福島県に移住された患者様が メンテナンスのために福島からご来院されました。 その方は7年ほど前から当院に通院されております。
定期的にメンテナンスを受けていらっしゃるので大きなトラブルもなく 我々も安心してお口の中を拝見いたします。
このように東京以外からも、北海道から小笠原諸島・大阪・沖縄と 日本各地へ諸事情により転居された患者様が、継続してメンテナンスに 通院していただくことは本当に歯科医師として光栄な事です。
当院では日本に留まらず、海外赴任中の患者様も日本に帰国される際には メンテナンスに必ずいらっしゃいます。
そしてやはり感じるのは、定期的にメンテナンスをきちんと受けて いらっしゃる患者様は大きなトラブルも少なく、笑顔でクリニックを後にされます。
今年はより一層「予防」に力を注いでいく予定です。 そして多くの患者様の笑顔を見るために我々はサポートさせていただきます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

l 地図/診療時間 l インフォメーション l 院長から皆様へ l 診療システム l 治療について l 診療室のご案内 l 治療費について l
l 患者様からの声/Q&A l コラム l リンク集 l 個人情報の取扱についてl
l 一般・小児歯科 l 予防歯科 l 審美歯科 l 矯正歯科 l 義歯 l ホワイトニング l アンチエイジング外来 l 最新型予防療法 l

Copyright(C)Maejima Dental Clinic Iidabashi Dental Care Office. All rights reserved